MOVE - 新時代の教育へ、 動く清林館。

For 100th Action Plan

  • 未来とつながる - 21世紀型能力の習得と夢実現を目指す進路形成指導: 知識の習得はもちろん、グローバル社会で求められる知識を操ったり、国境を越えて様々な人種の人々と協同するための、21世紀型能力を育成します。また、進路形成指導を通して理想の将来の自己実現につなげていきます。
  • 世界とつながる - 将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを育成するための異文化理解プログラムの実施: 海外への留学や語学研修等の異文化体験によって、グローバルな社会課題を発見し、それを解決できる能力(語学力・行動力・創造力・マネージメント力等)を育成します。また、異文化を受け入れる柔軟性と相互理解の心も育み、日本人としての確かなアイデンティティも形成していきます。
  • 社会とつながる - 校外フィールドワークの充実: 多彩なネットワークを活用しながら、産学連携や高大協同等の校外フィールドワークを充実させ、実社会で役立つ力や社会性を養います。また、グローバル社会とのつながりに必要な「グローバルスキル」だけでなく、地域社会とのつながりに重要な「ローカルスキル」を合わせた「グローカルスキル」を醸成していきます。
  • 人とつながる - 部活動を通した人間教育: 本校の教育目標は、自分の幸せのみならず、他の人の幸せも併せて追究するという、利他・奉仕の精神を持った豊かな人間性の育成と、将来社会で貢献するために必要とされる確かな学力を身につけ、生徒の希望する進路を実現させることにあります。

私たちは、昨年の90周年からすでに動き始めています。
100周年、そして、その先に続く未来に向けて4つの教育プログラムを常に見直し、最も必要とされる教育実践を形にしていきます。

建学の精神: 「全校一家族」 〜 本校は建学の精神「全校一家族」をもとに、校是を信仰(感謝)、勤労(奉仕)、実際(真実)とし、「この世のすべての人を家族と考え、人のため、世のために奉仕できる人格の育成」を目指しています。
教育理念: 本校の教育目標は、自分の幸せのみならず、他の人の幸せも併せて追究するという、利他・奉仕の精神を持った豊かな人間性の育成と、将来社会で貢献するために必要とされる確かな学力を身につけ、生徒の希望する進路を実現させることにあります。
教育方針: 1.バランスのとれた高い学力の育成 / 2.一人ひとりの特性、個性に応じた進路形成指導 / 3.「自立と自律」を目指した社会性の育成 / 4.国際理解・交流を通じた国際性の育成