フィリピン共和国観光省 西日本代表来校

投稿日:

去る12月3日(木)、フィリピン共和国観光省大阪事務所より西日本代表のレオナ・ネポムセノ女史が来校されました。

 

本校では2015年に国際コースがフィリピン・セブ島での語学研修を開始しました。現在ではすべてのコースが1年生を対象にフィリピン語学研修を実施していますが、新型コロナ感染症拡大の影響を受け、残念ながら今年度の語学研修は取りやめとなりました。ネポムセノ女史より、研修参加を断念した生徒たちに英語で激励の言葉をいただきました。

 

本校では2021年度のフィリピン語学研修はぜひとも実施したいと考えており、フィリピン政府観光省のサポートを受けながら、関係語学学校との準備を進めています。

 

関連記事

【新聞掲載】中日新聞に掲載されました

「中日新聞」12月24日付朝刊にて、本年で3年目となる本校と愛西市との官学協働プロジェクト「愛西市活性化プロジェクト」について紹介されました。今回は「SDGsの達成に向けてできること」と題してポスター …

国際コース説明会開催

去る8月11日(木)、ミッドランドスクエアホール(名古屋市中村区名駅)にて「国際コース説明会」を開催しました。今年度は本校国際コース卒業生3名のトークセッションを設け、その後卒業生の保護者によるメッセ …

卒業生の皆様へ 令和4年度教育実習受け入れについて

・・・詳細はこちら・・・

【卒業生の活躍】ワールドカップモーグル初表彰台

2018年度国際コース卒業生の柳本理乃さんが、12月12日(日)にスウェーデンで行われたスキーフリースタイルのワールドカップ・デュアルモーグル競技で第2位の成績を収め、ワールドカップで初めて表彰台に立 …

休校期間における教職員の在宅勤務について

見出しの件について、今般、文部科学省から学校関係者においても出勤削減の要請がありました。本校といたしましてもこれを踏まえ、休校期間の教職員の出勤につきまして、生徒に対する教育活動に支障が出ない範囲で在 …